「パンとサーカス」 を通して人生を考える

f:id:thanks01:20170116223429j:plain

 

パンとサーカス」 とは一体何のことか、

 

古代ローマの詩人ウェナリウスの「民衆はパン(食べ物)とサーカス(娯楽)を与えていれば政治に盲目になる」といった言葉。

 

ここでいうサーカスとはコロッセウムで行われる剣闘ショーや人間と猛獣を戦わせたりなどの見世物こと

 

ローマ帝国では政治的指導者が、権力者による独裁や失態により民衆が不満を抱くことや民衆による反乱がおこることを最も恐れた

 

ここで権力者たちが民衆の政治への関心から目を背けるためにとった方法が「パンとサーカス

 

人間は「食料」と「娯楽」この2つが十分に与えられると満足し、不平不満を持つ心理状態から遠ざかると言われている

 

つまり、権力者は民衆にパンなどの食料の無料支給や、サーカスへの無料での招待などをおこなうこととにより民衆の政治への関心を抑え込んだということ

 

 

満足のいく生活が保障されている状況が当たり前になった民衆は、考えることをしなくなる

 

そして民衆の関心は自分の国の政治から、より多くの食料や娯楽に向けられる

 

その結果、よりパンとサーカスを与えてくれ、より休日を確保してくれる権力者を支持するようになり、民衆はより働かずに、より裕福で満足のいく生活を送り続ける

 

ここで問題なのが、この頃ローマ帝国では共和制という政治体制をとっていた。

共和制とは政治の大部分を大多数の民衆が決定していくということ

 

つまりどれだけ民衆がパンとサーカスを求めて働かずにダラダラ生活していようと、政治的指導者はその大多数の民衆によって選ばれる。

 

つまり政治的指導者は国が傾いていようがどうなろうが、働くことをせずにパンとサーカスを求め続けている民衆が喜ぶ政策をとっていくしかない。

 

言わずとも想像出来ると思うが

その結果ローマ帝国は破綻してしまった。

 

民衆は自分の置かれた状況を疑うこともせず、自分の感情に流されていった

もっと考えることをすれば、違う結末が待ってたんじゃないだろうか

 

 

何が言いたいのかってこの話を今の日本に当てはめて考えてみて欲しい

今の日本とこの時代のローマが似ているというのは言うまでもない

 

人生においてもそうだ。

当たり前のモノや普通と思っているモノは誰しもあると思う

 

ただ、当たり前や普通なんてものは実はこの世に存在しないんじゃないか

 

普通や当たり前に流されるのは楽だが面白くもなんともない

本当の楽しさはパンやサーカスを追いかけても絶対に手に入らない

 

 

物事を平面で捉えるんじゃなくて、立体的に捉える。

そうすると今まで全く見えなかったモノが見えてくるようになるはずだ

 

 

 

実は何百億もするダイヤモンドなんてそこら中にゴロゴロ転がっているんだ